PMS対策をしっかりと行なう|ホルモンバランスの安定化

女性ホルモンと食事

疲れている女性

女性ホルモンとの関係

PMSはどういうメカニズムでおきているのかというと、原因の特定はまだ難しい状況です。それは人によって症状がさまざまだからです。症状の種類が200種類以上あると言われているので、原因をひとつに特定することが困難というわけです。それでも、有力な説によると、次のようなことを言う事ができます。それは女性ホルモンの急激な増減が挙げられます。女性ホルモンには、エストロゲンやプロゲステロンというものがありますが、この女性ホルモンが原因でPMSになるのです。排卵が起きるときにこれらの女性ホルモンに変動が生じます。この変動による影響が原因でPMSを引き起こしているというのが有力な説です。このPMSの対策や治療方法は食事の改善にあります。

食品と女性ホルモン

女性ホルモンは大人になるにつれて分泌されるようになります。これは女性の身体を形成する上で非常に大きな役割を果たしています。しかしながら、このホルモンの動き次第ではPMSの症状のひとつであるむくみの原因になります。なぜなら、水分を身体の外に排出しにくくなるからです。乳房に水分が溜まれば痛みにつながります。このように、女性ホルモンはPMSにとって非常に重要なものです。食事による治療や対策によって改善していくのが最も効果的なものを挙げていきます。利尿作用のあるビタミンEが含まれているブロッコリーを食べるとむくみが改善されます。また、塩分やアルコールを摂取すると治療どころか症状の悪化をもたらすことがあるので、避けましょう。このように食事による対策や治療をしていくことが大切です。

生活改善と婦人科が有効だ

苦しむ婦人

月経前に感じる不快感をpmsと言います。女性ホルモンの変化に関わりがあります。その他にも食事やストレス、身体の状態などが関係しています。嗜好品を控えたり心身を健康に保つ事で症状が改善します。近年pmsが広く知られがん検診も推奨されています。今後妊婦以外でも婦人科を訪れ色々相談し易くなるでしょう。

More Detail

生理前の不調の改善

微笑むレディー

pmsは生理前に発生する不快な症状で、心身に影響を及ぼす事が特徴です。pmsの症状を改善する上ではサプリメントの効果が期待できます。特に、ホルモンバランスを整えるサプリメントは幅広い症状の緩和に役立てられる健康食品です。

More Detail