PMS対策をしっかりと行なう|ホルモンバランスの安定化

生活改善と婦人科が有効だ

苦しむ婦人

辛さの原因を知る

月経が近付くにつれて身体が重かったり気分がすっきりしないなどの不快な症状が出る事があります。胸がはったりしこりを見つける事もあります。しかし月経開始と共に症状が軽くなったりなくなるなら深刻な病気ではありません。それはpmsです。月経前症候群とも言われるこの症状は女性ホルモンに大きく関係しています。排卵後から月経開始までの黄体期にはプロゲステロンとエストロゲンという二つのホルモンの分泌量が変化します。この変化が不快感をもたらすと考えられています。ホルモンだけでなく食生活も影響があります。カフェインやアルコールなどを取り過ぎると症状が重くなる傾向があります。糖分や塩分の取り過ぎも同様です。食生活に心当たりがあれば嗜好品を控えるようにすると良いです。

改善の為に出来る事がある

体力が低下している時や強いストレスを受けてもpmsの症状は重くなります。夜更かしして十分な睡眠が取れていなければ身体は弱ります。ストレスを受けると自律神経の働きが乱れます。近年は仕事や家事で忙しく重圧を受けている人も多いです。ですからpmsになる人は今後も増える可能性があります。一方でpmsとは無縁の人もいます。また毎月起こるわけでもなく月ごとに体調が違う事もあります。女性である以上月経はあるわけですから症状が出るかどうかはその時の心身の状態に大きく関係があると言えます。健康な身体とストレスに負けない心を作る事が大事です。規則正しい生活を送り上手くストレス解消をしましょう。今はpmsの認知度も高まり婦人科でも相談に乗ってくれます。がん検診の重要性もあちこちで言われています。従って婦人科を訪れる人は妊娠や出産以外でも増えると予想出来ます。今後は気軽に相談出来て対処法も指導してくれるようになるでしょう。