PMS対策をしっかりと行なう|ホルモンバランスの安定化

女性ホルモンと改善方法

サプリ

女性ホルモンと原因

pmsは女性ホルモンと関係があります。女性ホルモンの1つであるエストロゲンは女性らしい身体を作る上で非常に重要な役割を果たしています。具体的には、乳房や子宮を作り、発達させていきます。子宮内膜を厚くすることも、その働きのひとつです。また、プロゲステロンという女性ホルモンは、妊娠をするときに非常に大きな役割を果たすものです。体内の水分を保持する働きや食欲増進の働きがあります。これらの女性ホルモンが増減したりすることでpmsが引き起こされます。pmsの原因のひとつに女性ホルモンが挙げられるということです。具体的には、pmsの症状に胸の痛みがありますが、これはプロゲステロンの影響によって水分が胸にたまることから痛みにつながるのです。

pmsを治療するのに役立つ食品はいろいろなものがあります。pmsの代表的な症状としてむくみや胸の痛みがあります。これらは身体に水分がたまることが原因なので、利尿作用の強い食品を食べると治療効果があります。たとえば、ビタミンEを含む食品です。ブロッコリーや木の実などがあります。また、アルコール類や血糖値を急激に上げるチョコレートやソーダなどは控えましょう。摂取すべきでないものを避けることも食事による治療のひとつです。もちろん、食べ方にも工夫をすることも大切なことです。暴飲暴食は厳禁ですし、1日に何回か小分けにして食べるのも治療に効果的です。pmsになると食欲不振になることもありますが、規則的に食事をしないと症状の悪化につながります。